未分類

ルーナの効果を詳しく考察

更新日:

ルーナは、2種類のサプリがセットになっており、それらを飲み分けることで、より効率的に効果を実感できるのが特徴です。
その2種類のサプリは、それぞれ含まれている成分は異なるので、どんな成分が入っていてなぜ効果が高いサプリだと言えるのか、詳しく見ていきましょう。
代表的な効果の種類

代表的な効果の種類

・バストアップ効果
・PMS(月経前症候群)の改善
・美容効果

「きらきら期」サプリの成分と効果

2種類あるルーナのサプリですが、生理が終わった日以降、排卵が起こるまでの卵胞期には「きらきら期」というサプリを摂取します。

「プエラリアミリフィカ」

バストアップ効果が高いとされる「プエラリアミリフィカ」は、「植物性エストロゲン」という成分を多く含んでいます。
「植物性エストロゲン」は、女性ホルモンの「エストロゲン」と同等の作用がある成分であり、「植物性エストロゲン」の「ミロエステロール」には、「エストロゲン」で有名な「大豆イソフラボン」の100倍以上の効果を持つとされています。

「レシチン」

美肌効果の高い「レシチン」は、水と油を混ぜ合わせる乳化剤として頻繁に使用されている成分です。
レシチンは、血液循環をや代謝を良好にし、バストアップに有効な成分やホルモンを適切にバストへと届けてくれる働きをするので、綺麗なバストへと導いてくれます。

「フィッシュコラーゲン」

加齢とともに減少傾向にある「コラーゲン」は、肌のハリやモチモチ感をキープするために不可欠な成分です。
バストにハリを与えるには、「クーパー靭帯」(バストの内側の乳腺を支えており、コラーゲンの繊維の集合体)をフレッシュな状態にする必要があり、それにはコラーゲンが不可欠となります。

「パン酵母」

「酵母」は植物などの樹液などに潜む「菌」のことを指し、栄養分を分解して吸収することで発酵します。
発酵後の酵母には、多くの「ミネラル」や「アミノ酸」、を含んでおり、美容にいいとされており、バストアップにも一役買ってくれます。

「まったり期」サプリの成分と効果

一方、排卵後から次回の生理までの期間に摂取するのが「まったり期」のサプリです。
この時期は女性ホルモンの「プロゲステロン」が活発になる期間なので、「きらきら期」に摂取していた「プエラリア」は取り入れずに、「プロゲステロン」に構造が似ていて生理前のイライラなどに効果がある成分や、美容効果が高い成分を中心に摂取します。

「ワイルドヤム」

薬用成分として頻繁に用いられているワイルドヤムは、「ジオスゲニン」という黄体ホルモン(プロゲステロン)に類似した構造を持ちます。
ジオスゲニンには、乳腺を活性化する作用があるので、バストアップに適した成分です。

「チェストツリー」

チェストツリーには、女性ホルモンと類似した作用が期待でき、PMS(月経前症候群)で悩む方の為の医療用ハーブとして頻繁に用いられています。

「豚由来プラセンタ」

プラセンタは、肌に潤いやハリを蘇らせ、ターンオーバーを健全にするので、美肌や美白にもいいとされる成分です。
バストを美しくするのに貢献してくれることでしょう。

「サイクロデキストリン」

サイクロデキストリンは、腸内を健全にし、脂肪や糖が溜まるのを阻止する作用があり、ダイエット効果も高い成分です。

「ヒアルロン酸」

保湿力が高い「ヒアルロン酸」は、本来肌内部で生成される成分です。
しかし、加齢とともに減少傾向にある為、潤いのあるみずみずしい肌を手にいれるには外部から補う必要があるのです。

2種類のサプリに共通して配合された成分と効果

「エラスチン」

肌のベースである真皮で生成される「エラスチン」は、加齢とともに減少していきますが、バストをサポートする「クーパー靭帯」が伸びてしまわないようにする役割も担ってくれます。

「ビオチン」

本来腸内で生成され、皮膚や粘膜を健全の保持に欠かせない「ビオチン」ですが、健全でない腸内においては上手く「ビオチン」作られません。
なのでビオチンをしっかり体内に補充しておく必要があります。

ルーナの効果を体感するまで必要な期間

ネット上の口コミや意見を見てわかるように、ルーナの効果を体感するには、1〜2ヶ月の期間を要するケースが多いようです。
しかし、効果の体感の速度や度合いには、当然個人差があるので1ヶ月で効果があったという方もいれば3ヶ月目でようやく目に見える効果があった方など様々です。

-未分類

Copyright© 本当に効いた!!ルーナの口コミ情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.